サッカー小僧 : 宮間あやさんのプロフィール - 宮間あや選手を応援するブログ

サッカー小僧 : 宮間あやさんのプロフィール





ウキペディアによると、



宮間あやさんは、



1985年(昭和60年)1月28日、

間文夫(現・大網白里町町議会議員)の次女として生まれました。



お父さんは、習志野高校出身でその当時、サッカーに打ち込み、

全国制覇した経験を持っており、Jリーグになる以前の読売クラブで、

与那城ジョージなどと一緒にプレーしていたそうだ。



そのお父さんが作ったチームである“ フッチボール Surf ”で

宮間は、小学校1年の時からサッカーを始めていたそうです。



宮間が小学校5年生の時に、国際交流イベント「国際社会で活躍できる日本人の育成」に応募して、

親善大使としてアメリカのサンディエゴでの試合を経験していました。



その時に日本サッカー協会から派遣されていた、元女子日本代表の本田美登里と出会いがありました。

本田はこの時、宮間らボールを追う15名の少女たちを見て、指導者の道を目指すことを決意したそうです。



宮間のサッカーのテクニックは、男子がプレイしていると錯覚するほど、

素晴らしいものだったそうです。



小学生の時に対戦した現J1柏レイソルの大谷秀和曰く、

「女子とは思っていなかった」となどといっているくらいだった。



宮間は、後に、読売メニーナ(後の「日テレ・メニーナ」)に所属して、

1999年(平成11年)には、NTVベレーザ(後の「日テレ・ベレーザ」)への昇格をしますが、

自分の家から練習場までの時間がが負担となったりして、県立幕張総合高校2年生の時に辞めている。



彼女が進学した幕張総合高校では、

県立八千代高校で羽生直剛(現・FC東京)らを育てた今泉守正(現・JFAアカデミー福島女子ヘッドコーチ)が

男子サッカー部を率いていた時だった。



今泉は、彼女をただ一人の女子部員として、このサッカー部に迎え入れている。

しかし、当時男子チームへの女子の登録は認められていなかったので、

彼女は、公式試合に出ることが出来ずにいたそうです。

このままでは、日本女子代表の招集の機会も失ってしまうのではないかとジレンマに陥った。



そこで彼女は、高校3年になった時に、2001年(平成13年)に、

本田美登里が率いる岡山湯郷Belleに第一期生として入団する事が出来ました。



彼女は、地元の温泉旅館で清掃のアルバイトをしながら岡山でのプレーをスタートさせたました。

そうしながら、2008年(平成20年)までチームの主力選手として活躍しました。




スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://miyamaaya.blog.fc2.com/tb.php/1-abbf9f24